治療院のチラシ集客を成功させる7つのない

治療院のチラシ集客

治療院、特に整体院やカイロプラクティック院など民間資格の施術院において、チラシ集客はまだまだ有効な手段のひとつです。もちろん地域差はありますが、特にこだわりなどがないのであれば、是非チャレンジしてもらいたい新規集客方法です。

とはいえ、チラシの集客効果が落ちてきているのは事実。たとえば15年前にいい反応率を叩きだしたチラシを、2016年の今配布したとしても同じ成果をあげられる可能性は低いでしょう。

そういった理由でチラシで集客するにはしっかりした内容を作ることが必須。

ということで、今回の記事は治療院のチラシ集客について。反応率の高いチラシを作成するたの秘訣として、7つの「ない」を潰していくことについてお伝えします。

※広告制限のない民間資格者向けの記事です

 

1.目立たない

チラシはとにかく目立つことが大事です。なぜならその存在に気づいてもらわないことにはなにも始まらないからです。汚いチラシだけどなぜか反応率が高いチラシなんてのはまさしくこれ。内容うんぬんの前に「なにこの汚いチラシ」と気づいてもらえた結果なのです。

その反面、内容も悪くない。でも反応率は良くない。そういったチラシは残念ながら目立たないために、手に取って見てもらえてない可能性が高いといえます。

目立たせるために有効なことは以下が考えられます

 

ヘッダー部を大きくする

ヘッダー部というのはチラシの一番上の部分です。普通はここを最初に目がいくので、目立たせる必要があります。そうしないとそのまま存在をスルーされちゃうからです。

もちろん読んでもらうためには内容も大事なのですが、まずその前に存在に気づいてもらえるぐらい目立つことが先。そしてそれを達成するための手っ取り早い方法が大きくすることなのです。

 

文字を目立たせる

文字を装飾することもそうですが、手書きにすることでも目立たせることは可能です。
ただし、手書きにすれば反応率が上がるという意味ではありません。

また、一部分を斜めにすることでもアクセントになり視認性が高くなる効果も期待できます

 

紙の色、大きさ、質、形を工夫する

チラシの色、大きさ、紙質、形でも目立つことはできます。色は他のチラシがどうなのか?という相対的な要素ではありますが、色を変えること反応率は変化します。

大きさに関しては、原則として大きなもののほうが目立ちますので反応率は上がります。また、紙質に関しても、ペラペラの薄いものより厚手のしっかりしたもののほうが反応率も概ね高くなります。

ただし、大きさ厚さはコストも同時に高くなっていくので、費用対効果の面から考える必要はあります

 

配り方を変える

チラシの配布方法によっても目立たせることができます。
例えば、マンションの集合ポストに投函する場合と、玄関ポストに投函する場合、後者のほうが目立つので反応率も必然的にあがります。

その他にも、声掛けをしながら配布する。時間帯を考えて配布する。そういった工夫でより目立たせることが可能になり、反応率を上げることができます。

 

2.ターゲットの設定ができていない

競合や地域によって変わってきますが、原則としてターゲットの設定ができていないとチラシの反応率は下がります。

治療院の新規集客はチラシに限らずターゲットの設定は大事です。ホームページになどに比べると、チラシの場合はよりターゲットをしっかりと設定する必要があります。その理由は、プッシュ型のメディアであることと、チラシの紙面の容量が少ないことにあります。

 

プッシュ型のメディアである

ホームページは基本的に、患者さん側が自ら検索などして情報を取りにきます。向うからアプローチしてくれるので、プル型と呼ばれています。それに対し、チラシは自らアプローチするプッシュ型のメディアです。

どこかにいい治療院ないかなぁ・・・とチラシをみているわけではありません。なんとなーくチラシを手に取っただけなのです。

そういった人に読んでもらうには、ある程度ターゲットを絞って、「あなたに言っているんですよ!」と訴えかける必要があります。

ターゲットの設定されていないチラシは誰にでも当てはまるので、ぼやーっと眺めているだけでは目に留まりません。ただの紙になってしまうのです。そしてそれはすぐにゴミ箱にすてられてしまうことになります。

 

チラシの紙面は狭い

チラシの紙面は狭いので掲載できる内容は限られます。ということは、できるだけ短く訴える必要があるということ。ターゲットを設定せずにこれをするのは非常に難しいといえます。ほとんど無理と言っていいかもしれません。

限られた紙面で訴求力の高いものにするには、必然的にターゲットを設定し、その特定の人にむかって訴えていくことが有効になります。

 

3.メニューの違いがわからない

チラシでけっこうやってしまいがちな失敗で、メニューの掲載しすぎが挙げられます。

原則としてチラシに載せるメニューはひとつにすることを強くおすすめします。その理由は、「どれを選べばいいかがわからない」という状態を避けたいからです。

人は、選択肢が多くなると迷います。迷っても別にいいような気もするかもしれませんが、迷うとどちらも選ばないという選択をする人が出てくるのです。これって非常にもったいないことです。

また、複数メニューがある場合、その違いをしっかり説明する必要があります。ホームページなどではこれが可能なのですが、チラシは紙面が限られているので難しいのです。

ですので、チラシに掲載するメニューはひとつにすることが望ましいといえます。

 

4.オファーがない

チラシの成約率を上げるひとつの要素に、オファーがあります。チラシにおけるオファーは「特典」とほぼ同義語です。「このチラシを持って来てくれたら半額にするよ~」なんてヤツです。

オファーは必ずないとダメとはいいません。しかしチラシの反応率が下がってきているので、競合が多い地域ではオファーのないチラシはけっこう苦戦します。

※僕自身、値引きは嫌いですが、チラシに関しては致し方ない部分があるかなと思っています

代表的なものは値引きやクーポンです。値引きがわかりやすく、効果も高いので、特に抵抗がなければ値引きを特典につけましょう。

値引き以外のオファーとして、なにか商品やサービスを付加するといったものもあります。返金保証もオファーになりますし、期間や人数の限定もそうです。

ただ、やはり値引きがもっとも成果をあげやすいので、普通は値引きがいいです。そこにプラスして上記のような、他のオファーを組み合わせるとなお効果が高くなる可能性が出てきます。

 

5.証拠、理由がない

チラシで集客するには、商品の価値を伝える必要があります。しかし、伝えれば伝えるほど見込み患者さんは疑います「本当に?」って。

そこで必要になるのが、証拠や理由です。もっとも簡単な方法は患者さんの声です。そんなの誰も信用しないでしょ?という意見をよく治療家は言いますが、実際のところ患者さんの声の有無でチラシの反応率は大きく変わってきます。

また、こんな痛みが改善します!とアピールしたならば、なぜそうなるのかの理由もつけたいところです。紙面の関係上、多くは割けないですが、できるだけ理由は書いてください。言いっぱなしではダメということです。

 

6.顔が見えない

これまで多くの治療院の失敗チラシを見てきました。その多くに、施術者の顔写真やプロフィールが掲載されていませんでした。それらから考えると、施術者の情報はとても重要な要素だと推測することができます。

プロフィールなんて誰も読んでないでしょ?という意見もよく聞きますが、決してそんなことはありません。

「何を買うか」も大事ですが「誰から買うか」も大事です。顔写真とプロフィールは必ず掲載しましょう。

 

7.連絡先がわからない

さすがに連絡先が記載されていないチラシは見たことがありません。でも、その連絡先である電話番号がやたらと小さく目立たないチラシはよく見ます。

治療院のチラシの最終目的は、ほとんどの場合、予約の電話です。そのもっとも大事であるはずの最終目的が目立たないというのは、実はめちゃくちゃ損をしている状態なのです。

見込み患者さんはせっかちです。チラシを見ていいなと思ったとしても、電話番号がすぐ目に飛び込んでこなければ、一瞬のうちに気が変わってしまう可能性だってあるのです。

そんなヤツはおらんやろう。とあなたは思うかもしれません。でもこれは本当に本当です。だからせっかく興味を持ってくれて、予約電話しようかなと思った患者さんをみすみす逃さないために、連絡先は大きく目立つように記載する必要があります。

 

以上、治療院のチラシ集客での失敗を防ぐ7つのないを潰す方法についてお伝えしました。ここで紹介した7つの「ない」を「ある」に変えていけば、反応率は上がっていきます。あなたの治療院のチラシ集客に役立ててくださいね。

集客できるチラシのテンプレート(ひな形・サンプル)をこちらから無料ダウンロードできます。

実際のチラシと動画解説をつけ、チラシを作ったことがない先生でもわかりやすく解説しています。クリックして無料特典をご活用ください。

集客できる治療院のチラシテンプレート集客できる治療院のチラシテンプレート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


無料7日間メールセミナー

今すぐ登録して受講する
Copyright 2017 AGENT